社畜の金策日記

投資とか、ゲームとか、読んだ本のこととか

最後は気持ちなのか、それでは甘いのか

資金を20年ないしは30年使う必要がないことが明らかな場合、PFの最適解としてはおそらく株式100%。という結論に、世の中的にはなっていると思う。

 

ただやはり損失への恐怖というのはあって、受け継いだ財産を減らすわけにはいかないだとか減らすと取り返すのにどれだけ働かないといけないんだよということを考えると今のところできそうにない。

 

投資もポーカーとか、麻雀とかと似ていてどんなに強い人でも負けるときは負けるけど、常に確率・統計的な最適解を切っていくことで長期スパンで勝ち負けが見えてくる。そういう世界なんだろうと思う。

 

じゃあ常にその最適解を切るができるかという話。20年ないしは30年、ノイズトレーダーたちに負けずホールドする鋼のメンタルがあるかという話。たぶんないので、そこのマージンとして株式以外も組み込むことにしたい。

 

ゲーム・勝負としてそれは甘いかもしれないけど、心穏やかにするためにやってる投資なはずなのでそれくらいは許してほしい。

日本債券

日本債券と重要性いうのをよく(?)聞くが、重要性がやはりわからない。

いろいろ調べてもやはりわからない。

 

先月野村が初の日本国債ETFを出したそうだが、7割が国債

金利による価格上昇で伸びしろはすれすれまで迫っているのに、利上げによる価格下落リスクは抱えている。そんな風にしか思えない。

 

後もう一つ、銀行とかと同じで全く金利つかないので手数料とかがちょっとかかると負けにいってしまう。本当に手数料かからないのか?とかそういうのを調べる手間がめんどくさい。得られるリターンも低いのにそんなこと調べる時間があるなら現金で置いとけばいい。それで主目的であるリスク軽減は果たせるのでは?

金利変動型個人向け国債は、、、元本割れはしないのでそれはそれでありなのかもしれませんが金利高くなってから買えばよくないのでしょうか?

 

要は メリット < 調べる管理する手間 ですな。

 

そんなこんなで国内債券に変わる運用先としてソーシャルレンディングを調べてセミナーまで行ってみたわけですが、いろいろ考えた結果ハイイールド債のHYGあたりを買っておけばいいのではという結論に達しました。

流動性もそちらのほうがいいし。

管理しづらいのでいろんなところにアカウントを作りたくないし。(最重要)

つまりめんどくさがりなのです。

投資でお小遣いになる?

お小遣い程度にはなるってなんじゃそりゃ。

利益は全額再投資以外ありえませんぞwwwwwww

 

以上、よろしくお願いします。

ソーシャルレンディングのセミナー参加

ソーシャルレンディングの無料セミナーへいってきました。

若い人少なかった・・・。

ガチガチで運用してそうな頼れるおじさまたちが質問のときにいろいろ聞いてくれたので知りたかったことは知れてほぼほぼ満足です。

 

8割程度を日本株式で相続を受けましたが資産における株式比率、および日本株比率が高すぎたためひとまず半分ほど現金化しています。リスクの取りすぎという意識があるまま、払い出しまで3ヶ月程度かかったのでかなりひやひやしてました。ひとまず株式への偏りを回避したというだけで、これから然るべきバランスへ持っていく計画を立てねばなりません。

 

まだまだ比率の多い日本株を少しずつ減らしながら、米、新興国株を買っていくつもりではありますが、タイミングの勝負はしたくないので数年にわけて買っていくつもりです。で、じゃあその間現金はどこへ持っていくんだと考えたときに候補にあがってきたのがソーシャルレンディングだったわけです。

用途としてはあっていそうですが、まだまだ候補の1つですね。

 

でも税金関連がめんどくさい

これは避けて通れなさそうですね。。。

 

働き方改革がズレている

昨今のアレな流れに伴って、弊社でも働き方が風土がなんだって言ってます。

決算の中間報告なんかでもよく”働き方改革”なんて書いてますね。

 

うちでは働きやすい会社にするためにはどうするかなんてディスカッションをさせて、でてくるのが社内コミュニケーションとかスキルの向上とかそんな話です。そのためにやれイベントだ、教育だ、同好会だをやろうとかいう話が出てきたりしてきてます。

 

あんまり細かいこと書いて特定されるのが怖いチキンなので、あんまりこれ以上書きませんが、案外会社も似たようなことやってるんじゃないでしょうか。偉いおじさまたちは我々が特別だと思ってるかもしれませんが、そんなに人間がやることかわらないもんだと思います。

 

ところが私としては会社なんていつどうなるかわからないし、会社への依存度はできるだけ下げたと思っているわけなのです。そのために投資だってやっているわけです。

なのに働き方改革ででてくるのは今の会社でもっと頑張れっていう話なんですよね。

 

中には副業推奨なんていうスンバラシイ企業もあるようですが、古き良き日本の大企業の制度で動いてる会社なので無理でしょうね。はい。

書類不備とPythonその後

証券会社へ出す書類で書類不備をやらかしました。

めんどくさ・・・

書類の件。以上。

 

Pythonシステムトレードの本は見ながらいろいろいじくりまわしてたのですが、NIKKEI225を積み立てNISAで過去20年積み立てていたらいくらになっていたか(配当なし)の計算をしようとして結局できなくてあれです。また土日リベンジします。

 

計算が難しいわけじゃなくてPandasの扱いがわからないだけなんだからな!!

簡単な計算にはExcelの方がいいですね。ちょっと複雑なものは言語で書くと思考過程がトレースされてよいのかなと思います。ただ、使い方を覚える部分が多くわりとつらいです。もうちょっといじりまわしたらPythonの基礎を固めたいですね。

 

今週末始めて、証券会社主催のセミナーへ行ってきます。PCの前以外で投資のことやるのははじめてかもしれません。一歩踏み出した感じです。

勧誘されるかな???

積み立てNISAの買い付け設定完

 内容まで超細かく吟味したわけではありませんが。

 

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim  国内株式インデックス 20%

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim  先進国株式インデックス 40%

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim  新興国株式インデックス 40%

 

で毎月買付です。年間40万フルフル計画。

アセットクラスの比率だけ設定して細かい部分はあまり考えていません。

ひとまず社会の成長の分け前をいただけるように買って、管理会社にできるだけ抜かれないように手数料・取引回数を抑えるくらいです。一生懸命考えてもそれどこまで理解できてるのか?少し前提が変われば大きく崩れてしまうのではないか?と思って考えるのをやめはじめています。

 

確定拠出年金はまだです。マッチング拠出フルフルです。

 

全く話変わりますが、

Python3ではじめるシステムトレード

という本を買ってきました。

 

システムトレードがしたいわけではないのですが、Pythonは科学・数学系ライブラリが多く前々から使ってみたいと思っていたのでちょうどいいPython教材的なポジションです。Excelでなんでも計算しようとする文化にはいい加減滅んでほしい)

 

といいつつ、何か投資にも生きればいいですね。