社畜の金策日記

投資とかの備忘録的なあれ

苦行

株を増やす局面ではない。

上昇局面を逃すのは負けなので結局自分の資産を眺めるのみ。

忘れてしまえば楽なのだが。

 

見つめる鍋は煮えないけど、見つめ続ける必要があるのが投資。

自分は間違っていないだろうかと常に疑いをはさむくらいでないと。

なかなかの苦行である。

 

それはそうと、メーカー勤務ちょっと飽きてきたので金融系の仕事がしてみたい。

お給料があがらない理由

好景気らしいですがお給料ほとんど全然あがらないなと思って、考えました。

先日、弊グループ全体でも間接部門大削減が打ち出されました。

弊社にも、いつもExcelで意味のない超大作を作って邪魔しかしてこない間接部門のおっさん(50)みたいなのがいて、消えてくれと思ってたのでぼくは大喜びです。

 

会社が賃上げできないのって、こういう無駄をいっぱい抱えてるっていう自覚があるからじゃないでしょうか。そんなところまで一律で上げるわけにはいかんでしょ。

 

買値は安いほどいい

いわく買値は安いほどいい。(あたりまえである。)

ということで、キャッシュポジション放出しました。

買ったのは新興国株:VWO,ヨーロッパ株VGK,米国株VTIの3つ。

 

米国最強説が巷では溢れてますが、どうも私はその確信を持つまでには至っていないのでいろいろ買います。時価総額比重くらいが理想ですが日本株がやはりまだ多い。

自分が信じるものを持たねば、下落時に耐えられません。株式ブッパが理屈的には最強だと思ってこそはいますが、おそらく下落時に耐えられなくなります。そこまで織り込んでポートフォリオ設計しましょうね。

 

今回キャッシュポジションかなり放出しましたが、まだ下がるようであればBND,AGG,HYGあたり債券ETFを崩していく予定です。そもそも、現金を一気に株式にするのが怖くて買ったものなので。

大きな調整

大きな調整がありました。日経平均-1000円程度で当然ごりごりと資産額がもっていかれました。まあ、それは当然として、

 

ちょうどその2日前、オプション取引を見ていてプット買いいいなと思っていたのですが取引ページまでいってよくわからずにやめました。プット買いとしては最高すぎるタイミングでした。おしい!

 

基本使わないつもりですが恐怖を感じたときとかに使えるようにはしておきたいですね。恐怖に耐えるための心構えとポートフォリオ構築が第一ですが。

リスクオフと言ったな。あれはうs

1ヶ月前、これ以上上がる気がしないという理由で日本株一部売却してキャッシュポジションを増やしました。その後見事に日経平均は27年ぶり高値を記録。

何一つ言ってることが当たってねえ。

 

ただ、売却した銘柄は1ヶ月前から下がっています。

つまりぼくの勝ちです。

 

【反省の弁】

なんとなく、右肩上がりできてからじわじわ横ばいが続いたのでもう上がらない気がするなんて思ってしまいましたが、日経平均PERも13倍台で正常な値ですししっかり裏付けのある上昇だったということでしょうか。ちゃんと裏付けのある上昇なのか、ちゃんと数字を見ていわないととだめですね。

ハンセイシマース。

 

そしてこの1ヶ月前はリスクオフとか言ってたくせに強気相場で買いたくなる。

これがよくない。しっかり相場へは乗っているので増資はやめましょう。上で買うほど利益は少なくなるしもう十分買ったではないか。

リスクオフ

日本個別株を減らそうと考えてます。

 

なんとも言葉では言い表せないですが、これ以上あがる気がしない&下がる要素はいくらでもある、ダウンサイドが大きい確率分布な気がしてます。あと、日本個別株比率が多い。日本に住んでるからといって日本株を多く買う理由はなにもない。銘柄選びも楽しいといえば楽しいですが、もう少し規模は縮小しようと思います。

 

いくらキャッシュにして、それをどういう計画で何に変えていくかというのをじっくり考えましょう。そのために必要なのはまず休みだ。